Webエンジニアに向いている人

Webエンジニアという職業は、誕生してから日が浅く、その歴史はまだとても短いものです。
興味はあっても、果たして自分が向いているのか、判断しにくい職業かもしれません。
しかし歴史は短いとは言っても、進化の速い業界です。

ひとくちにWebエンジニアと言っても、実際はかなり細分化されて来ています。
主にHTMLやCSS、JavaSciptなどを使ってWebページを作るコーダーと呼ばれる人たちや、PHPやnode.jsなどを使うサーバーサイドエンジニア。あるいはデータベースを設計し、チューンナップを行うDBAなど、みんなWebエンジニアの中の一つです。
Webエンジニアへの転向を考えている人にとって、いろいろあって迷ってしまいそうです。しかし、これらに必要な適性は、実は共通しています。

それは「新しい技術の吸収が大好きなこと」です。
かつて主流だったサーバ言語phpは徐々に下火になり、node.jsが主流になり始めています。
ブラウザ側では、ここ1~2年はJQueryというライブラリを使ったプログラミングが主流になっていますが、すでに新しいライブラリが登場し、人気を博し始めています。
最近は、特にCloudサービスが盛んになってきたことから、サーバさえ使わない設計や構築も出始めています。
新しい技術に手を出すことは、一つの冒険です。
失敗がつきまとい、臆してしまう人もいるかも知れません。
しかし、これらの新しい技術をどんどん取り入れ、それを楽しめる人には、新しいプロジェクトが始まるたびに、「楽しい冒険」が始まると言えます。
これを楽しめる人はすべて、Webエンジニアに向いていると言って良いでしょう。